プエラリアを摂取時の注意点

近年、プエラリアは更年期障害や骨粗しょう症などの改善や予防を期待された植物として、研究、注目されていますが、もともとはバストアップや美肌といった女性の美容効果が、主たる目的でした。
今でも多くの女性は、これを目的にプエラリアhttp://www.pueraria-mirifica-effect.com/を求められていることでしょう。
ただ、プエラリアにもいくつかの注意点は存在します。
今回はそれらをご紹介しましょう。

プエラリアには大豆以上のイソフラボン類を含み、エストロゲン類を天然の植物ながら持っているものです。
したがって、イソフラボンやエストロゲンがもたらす効果を得られるというわけです。
肌や胸をはじめとして、女性らしさを追求するには、もってこいです。
健康被害や副作用も、大きなものはあまり知られていません
しかし、アレルギー症状が見られることはあり、発疹や胃腸障害などが報告されています。
また、よく似たエストロゲン作用を持つサプリメントやホルモン剤などの婦人科系疾患の医薬品との併用は医師への相談が必要となるでしょう。

さらに、プエラリアはそもそもタイやミャンマー原生です。
クワクリンというイソフラボンやミロエステロールというエストロゲン特性を示すものが、プエラリア特有のものとして含有されていますが、時として市場には類似植物を利用したものも存在していました。
詰まるところ、プエラリアは自然のものですから、それぞれの個体ごとに成分が多少違うこともありますが、これら二つは必ず含んでいるようです。
対して、類似植物は、健康には良いとされていても、先に挙げたプエラリア特有の成分は含んでいません
こういった状況もまた、プエラリアの注意点でしょう。

また、何よりも研究がいまだ途中であることでしょう。
タイでこそ、歴史は古いですし、体験談も存在しています。
分析や研究も、以前に比べは、進んでいます。
先に挙げた成分や、病気の改善や予防への期待などは、研究なしにはわからないことでした。
ただ、いまだ不十分であることには違いなく、美容効果や病気予防の科学的根拠は、可能性の段階なのです。