プエラリアが配合してあるサプリメント

プエラリアは、イソフラボン類やエストロゲン類を含む天然の植物。
美肌・豊胸といった美容効果から、骨粗しょう症や更年期障害の解消まで、さまざまな効果が期待できるものです。
これらの摂取法は、タイであれば伝統医療での薬として、また、伝統食品としても利用されています。
しかし、日本などのそれ以外の国では基本的にサプリメントとなるでしょう。
ただ、ご存じでしょうがサプリメントというのは、医薬品でも一般の食品でもありません。

医薬品とは、そもそも治療を目的としており、強力な効果を持つ反面、副作用も少なくないというのがその性質です。
対して、サプリメントは良くも悪くも千差万別。
ハーブ類や薬用植物などの場合、特定の症状への効果は認められるものの、反面、医薬品ほどではないにしろ、皮膚や消化器官などへの、有害な側面を持つものもあります。
さらに、食品の成分に由来するサプリメントとなると、科学的根拠も曖昧になってしまいます。
ただ、これらのサプリメントの場合、食品が元であることから安全性は高いというのが長所でしょう。

このように、サプリメントというのは医薬品とは違う意味での諸刃の剣なのです。
特にプエラリアは、伝統医療からの蓄積や現在進行形の研究から効果が期待されてはいるものの、いまだ個人によっては、そうなる傾向にあるという具合なのが実情。
さらに、その希少性からサプリメントにはマメ科ククズ属の類似植物を利用したサプリメントもいくつか見られるようです。
ここのポイントは、プエラリア特有の成分があるかどうかのようです。
現状、プエラリアのみに見られる成分として、イソフラボン類のクワクリン、エストロゲン類のミロエステロールなどが挙げられています。
これらがあれば、そのサプリメントは本物のプエラリアであると判断できるようです。

このように、プエラリアには、いくらかの注意点が存在します。
あとあるとすれば、過剰摂取。
過ぎたるは及ばざるがごとしです。
イソフラボンもエストロゲンも過剰は禁物。
そのことは、プエラリアにも言えることでしょう。
気になるプエラリアの安全性についても参考にご覧ください。