プエラリア配合の商品の種類

タイであれば、プエラリアの摂取法は食用や塗布薬など複数ありますが、今のところの日本での摂取方法は、基本的にサプリメントhttp://www.nfbuilders.com/koukatekina.htmlとなるでしょう。
大抵は、数粒を1日1回服用することとなるでしょうが、このときに問題になるのが、これらを含む商品の種類です。

豊胸などプエラリアの効果を謳い、発売されている商品はいくつも存在しています。
しかし、中にはツル性の類似植物を使用してはいるが、本物ではないというものもいくつか存在しているようです。
なぜこのようなことが起きてしまうかと言えば、一つにあるのはその希少性です。
タイやミャンマーなど一部の地域を原生地としてきたためということです。
手慣れた熟練者でないと、自然に生えているプエラリアを見分けることは難しく、よく似たツル性の植物と間違えてしまうこともあるようです。

もう一つには、加工処理の難しさが挙げられます。
まず、採取したものがすべてプエラリアであるとは限らない上に、それを処理しようとしても、その根は細菌などが非常に付きやすいのです。
衛生状態の良いところで、洗浄・乾燥・殺菌を行うことで、ようやくプエラリアの商品が完成します。

では、類似植物を使用した商品と、どう見分けるのか。
これは、プエラリアの特殊性を知ることが重要になります。
今のところ、プエラリアはクワクリンやミロエステロールという特有の成分を持ち合わせているとされています。
これらこそが、それぞれイソフラボン類であり、エストロゲン活性を示すものです。
ですから、プエラリアやその効果を謳う商品でこれら成分があるかどうかは、非常に重要な指標となります。

プエラリアは、結局のところ、自然にある植物です。
個体によっては、多少の違いがある場合はあります。
ただ、これらの成分は、必ず含まれていると言われており、これらこそ、この植物の最大のメリットである、イソフラボンやエストロゲンの効果の代わりをなすものとなるのです。